[ワーキングホリデー]そもそもワーホリって何?どういうものなの?

ワーキングホリデー(ワーホリ)って何? ワーホリ

僕がワーホリに行く前の頭の中はこんな感じでした。

海外に興味があったわけでもないし、英語のテスト受けさせたらひどい点数取っちゃうし、海外の食べ物ごめんなさい。食べられません。のようなゴリゴリの内向思考。人って変わりますよ。変われますよ。

是非、この機会にワーホリのことを知って少しでも海外の生活に興味を持ってもらえたら嬉しいです。

ちなみにワーホリに関連する他の記事も書いています。よかったらご覧になってください。→ワーホリを考えている方必見?コロナ禍を上手にすごす方法!

ワーキングホリデー(ワーホリ)って何?

ワーホリとは・・・ワーキングホリデー(通称:ワーホリ)とは、18~30歳までを対象に、地域への休暇目的の入国および滞在期間中における旅行・就労を認める制度。30歳まで申し込みの資格があり、有効期限がビザ取得から1年なので、実質、31歳でもワーホリを使うことができます。基本的に入国してから1年間滞在することができます。

ここでのポイントが、各相手国ごとに一生に一度しか利用できないこと。

一度使ってしまうと、同じ国では使うことができないんですね。つまり、延長は出来ない。ただ、例外もあり、ある条件をクリアするとビザを延長できる国もあります。

例えばオーストラリアでは、政府の認める産業で88日間の就労の証明ができれば、期間が1年延長されます。

ワーホリのメリットとは?

こんなメリットも!

就労時間が無制限なんです。いまいちピンと来ないかもですが、これってすごいことなんですよ。同じビザのステータスで学生ビザというものがあります。簡単に言うと、学校に行くことを条件に、国内にいてもいいですよー。っていうビザです。国によって時間は異なりますが、オーストラリアでは週に19時間以内と決められています。学生ビザしかもたない国もあり、働きたくても19時間までしか働けない方たちもいるんですよ。

どうですか?少しは興味湧きました??湧いてくれた方。どうもありがとうございます。湧かなかった方、すみません。僕の力不足です。

ただ伝えたいのが、ワーホリという制度があるだけすごいことなんです。我が国は。ワーホリを持たない国の子たちは必然的に学校に通う必要もあり、学校の成績も関係してくるとか…審査があるみたいなんです。あと、当然お金も多く必要になります。

一方、日本のワーホリは…ほとんど誰でも簡単に取得が可能です。そろそろワーホリのすごみが伝わってきましたか?笑。こんなチャンスに手にしない手はないです!

そして、どんな心配もいってしまったら何とかなります。そして一年で語学の他に人間としての成長が自分に返ってきます。これは保証できます。

最初は、新しいことだらけで体が中々順応しないと思います。しかし、それも何度も乗り越えると、乗り越えられるということに慣れるんですね。

あれだけ、食べ物の心配をしてたのに今では何でも食べます。本当に変わるんです。人間的にも成長しました。内向的な性格も変わりました。なので、少しでも興味を持ってもらえたら、是非チャレンジしてみて欲しいです。

まとめ

今はコロナの影響で各国に入れない状況が続いています。しかし、本当にいいタイミングだと思うんです。今が準備期間でもあります。また、働き方も変わってくることも予想されます。

30歳で仕事を辞めてワーホリに行かれる方はたくさんいます。やらずに後悔ってすごい勿体ないことだと思うんです。今、もう一度考えてみてください。海外に興味はありませんか?一歩踏み出しましょうよ!

もし、よかったら僕もやっている英会話。先生も優しくておすすめですよ。無料で2回レッスンが受けられますので、気になった方はやってみてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました