U-NEXTで英語字幕と吹き替えを使いこなす者は英語学習を制す!

U やってみた

英語学習のモチベーションが上がらないとき、みなさんはどうしてますか?

思い切って趣味に没頭出来たら幸せなんでしょうが、私の性格的にそういう訳にもいかず…。とは言っても英語の勉強はやる気にならない。

そんな時はYouTubeに逃げたくなる気持ちをグッと我慢して、洋画の映画を観るようにしています。方法次第で洋画の映画も勉強になるんですね!

ただなんとなく観ているだけでは効果的ではないですからね!まずはやり方をおさらいした上で、次にオススメの映画を7選ご紹介していけたらと思います。

なぜ洋画は英語学習にいいのか

個人的な意見なんですが、洋画を観ることは楽しみながら学習効果を得られる最高の勉強法だと思っています。

洋楽を聴くことも楽しみながら出来ますよね。勉強のうちと言ってもいいと思います。しかし効率的かと言われたら100%肯定はできない…。一方、洋画は洋画にしかない特別な効果を得ることが出来るんです。

それが生の会話に触れることが出来ることです。現地で暮らしていたらそれはもうこの上ないチャンスだと思います。しかし、誰もが暮らしているわけではありませんよね。またコロナが流行していて、いいタイミングとは言えない状況です。

そんな状況でも一度ネットを開けばどうでしょう?好きな映画が観られる時代です。なん素晴らしい世の中なのでしょうか…。日本にいながら、しかも楽しみながら出来るんですから、こんな良いことはありませんよね。

今日は単語覚えるのやる気ないなー。そんな時には洋画を観ましょう。天気が悪くてお出かけができない時。そんな時にも洋画を観ましょう。楽しみながら勉強することは長く続けるコツだと思います!

ただ!ぼっーと観ても学習になりませんからね!まずはそのための心得。私の実践している方法を少しご紹介させて頂いた上で、今回の本題へ入らせていただきたいと思います。

私の実践している方法とは?

とにかく何度も観る。以上です…笑。そのために映画選びには時間を使っています。同じ映像を観るということではこちらのTEDでもいいんですが、どうしても専門的な話が多いので絶対に使うことのないような単語も出てきちゃうんですよね。 → 最強の無料教材TEDの活用の仕方に関する記事はこちらから!

と、決めたところで次に、それぞれの学習状況によってやり方を変えていきましょう!今現在の段階で最初から英語字幕で理解出来るところまで学習が進んでいれば、最初から字幕でいいと思います。ただ少し難しいと感じられる方には、英語の音声に日本語の字幕を入れて内容を理解するのがいいと思います。

内容を知ることもすごく重要なんです。英語に翻訳された漫画も勉強に使っている方もいますよね。最近は有名どころだけでなく、幅広いジャンルの漫画が翻訳され、出版されています。日本語で馴染みのある漫画だと、それが英語に置き換えられていても理解しやすいのと同じ原理。

その後に英語の字幕で観ます。学習状況の違いに関わらずもしお時間があるようでしたら最後に字幕なしで観てみることをおすすめします。語学学習に必要になってくることはモチベーションだとつくづく感じます。また自信を持つこともやる気に繋がりますよね。字幕なしで理解できるようになったらどう感じると思います?そうです。自信がつきますよね!それも大事なんです。

ただここに来て疑問に思いませんか?やり方はなんとなく理解できたけど、じゃあどんな映画を観たらいいの?と。また退屈な映画を何度も観たくないですよね。なので今日は、私も実際に観た映画の中で、何度も観たくなるようなおすすめ洋画7選を挙げていきますね。かなり王道だと思います。

王道が王道と言われる所以。観て強く感じました。やっぱり人気な作品と言われている作品は面白いんです。その中でも内容だけでなく、リスニングに活かせるようなチョイスにしてみました。

POINT:)また、洋画を観る際にはわからない単語や文をメモをし、すぐ調べて覚える。一緒に声に出してみる。など応用次第で洋画を使った学習も幅広い勉強をすることができます。ご都合のいい方法を併用して試してみるのもおススメです!

U-NEXTで見られるオススメ7選

ここ数年で動画配信サービスが一般的になり、ほとんどの方がどこかしらのサービスを利用しているのではないでしょうか?ますます英語学習がしやすい環境が整って来ていますよね。NetflixDisney+U-NEXTなど挙げたらたくさんあります。

数があるからそこ今が学習のチャンス!新しくサービスを始めた会社は顧客獲得のために無料で体験をさせてくれるんですね。確かNetflixは体験できるサービスを中止していると思います。(間違っていたらごめんなさい。)

その中で今回は日本でもお馴染みのU-NEXTにて探すことの出来るオススメ洋画7選をご紹介していきたいと思います。強みは作品数が多いこと!だから探したい作品に出会えることが多いんです!動画配信サービスで無料で試せるこのチャンス、是非利用して英語学習を効率的に進めていきましょう!

マイ・インターン

主人公はジュールス(アン・ハサウェイ)はファッションサイトを経営するカリスマ経営者。
25人の従業員を抱える会社から200人の従業員を抱える会社へと成長させたのです。

しかし、ジュールスはスタッフの名前も覚えられなかったり、スタッフの気配りを疎かにしてしまうなど、会社も彼女もパンク寸前…。
そんな元に前職を退職した経験豊富なベン(ロバート・デニーロ)がインターンで現れて…。

最高の人生の見つけ方

一代でたくさんの病院を成功させた富豪のエドワード(ジャック・ニコルソン)と家族のために働いてきたカーター(モーガン・フリーマン)。

生きざまは違えど、徐々に仲良くなっていく二人。病室で知り合った二人が死に直面し、改めて人生でやり残したことに気づく。

自分の為に時間を使ってきた人望のないエドワードと家族の為に時間を捧げてきたカーターはどのように余生を過ごしていくのか?

しあわせの隠れ場所

リー・アン(サンドラ・ブロック)は、雨に濡れながら夜道を歩くマイケル・オーア(クィントン・アーロン)を見つける。

見かねたアンはホームレス同然の生活を送っていたマイケルに対して自宅に招き入れることを決める。アンの家庭は裕福で、夫が元バスケのスタープレイヤーで本人も元バレーボールの選手。

アンがアメリカン・フットボールでのマイケルの持つ才能を見い出したことから、彼は物語は進んでいく…。

2009年のNFLドラフトで1巡目指名されたマイケル・オーア(同名)に基づき書籍化されたノンフィクション”ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟”の映画化作品となっています。

ワンダー 君は太陽

数多の50をも超える国際的な賞を受賞した、R・J・パラシオのベストセラー小説「ワンダー」の映画化作品。New York Timesでは8歳~12歳という子供から大人への葛藤を完璧に捉えた作者であると賞賛しています。生まれつき顔にディスアビリティを持った10歳の少年August(通称オジー)が主人公です。

彼の願いはただ一つ普通の生活を送りたい。ということだけ。彼は5th gradeに上がると同時に学校に通うことを決めます。彼の性格は一言にユーモアがあり、元気いっぱい。そんな彼の決断を家族も支えることを決めたのでした。

果たして彼はクラスのみんなと仲良くなれるのか。しかし彼のせいであわや家族崩壊の危機?自分自身の様々な感情が引き出されるような、考えさせられるような。そんな映画になっています。

難しい言葉が使われるシーンもなく英語学習を始めたばかりの人へもおすすめの作品です。

アデライン 100年目の恋

主人公の美女、アデラインは不慮の事故により、以後歳を取らない体になってしまいます。それから時は過ぎ、見た目と実年齢が一致しなくっていった彼女は周りから疑い目のかけられるようになります。

やがては警察からも追われる存在となってしまい、身の危険を感じた彼女は、自分自身を守るために名前も変え土地を転々としては、別の女性として振舞っていました。もちろん、離れることを前提の恋など彼女は望んでいるはずもなく、愛猫と二人暮らし。そんな彼女人生にある男性の出現で大きく変わっていくのでした。

多少無理やりなストーリーではあるものの、恋愛の苦しさや楽しさが同時に楽しめる作品となっています。彼女は果たして幸せになれるのでしょうか?それとも…?

幸せのレシピ

マンハッタンの高級レストランで料理長として働く主人公ケイトは強気な性格で職場の仲間と言い争いをすることも恐れない性格。ある日、そんな彼女に訃報が届く。内容は姉が交通事故で亡くなったというものだった。残された姪を引き取ることにしたケイトは現実を受け入れられない姪との生活に苦戦する毎日。職場にも新しい副料理長が現れて…。

彼女と姪の関係は?副料理長と彼女は職場でうまくやっていけるの?姪との生活をきっかけに人間関係の付き合い方を考えるようになったケイトの人生はここから少しずつ変わっていく。

実は、こちらの作品は個人的に思い入れがある作品となっていて、英語学習のために一番最初に観た映画なんです。元々映画を観る習慣がなった私が、ましてや同じ作品をもう一度観たことのなかった私が3回も観ました…。笑

リスニングにも良し、映画の内容ももちろん良しのおすすめできる映画だと思います。

ショーシャンクの空に

最後にご紹介するのは、原作はスティーブン・キングの「刑務所のリタ・ヘイワース」のこの作品は、自身の英語能力を測るのにぴったりかも知れません。今までご紹介してきた作品に比べると聴き取る難易度は高めです。また作品内には暴力的なシーンも含まれていますので、観る際はお気をつけて下さい。

主人公の銀行員、アンディは無実を訴えるも妻とその愛人の殺害容疑で投獄されてしまいます。実際に殺害はしていないため、直後は釈放に希望を見出していた彼も現実を徐々に受け入れ始めます。極悪な強者が集まるショーシャンク刑務所では様々な出会いがあります。無情な現実を受け入れ始めた彼は出会いの末に何に希望を見出していくのでしょうか?

刑務所内という小さな世界ではありますが、時に無情な世の中の社会と重ね合わせて、どんな状況でも希望を見出していく勇気をもらったような感じがしました。スリリングな展開が多いだけに、ドキドキハラハラ観るのもよし、私みたく考えながら観るものよし。受け手によって表情が違う作品となっていると思います。

まとめ

物語が会話を中心に進められていて、英語に触れられる機会が多いものを基準に、何度も観たくなるような作品を7つ選んでみました。おそらく万人受けするような、誰でも楽しめるラインナップになっているのではないかと思います。

英語が勉強出来るだけでなく、物語から考えさせることがあったり、人生観が変わるなど、色々な学びが映画にはありますよね。映画に何度考えされられたことか…。それだけでなく、単語の学習から文法、発音、リスニングに至るまで本当に幅広い学習が可能な洋画。すごく万能であると言えると思います。

もし気になった方は是非確認してみてくださいね!無料のトライアルを受けたら契約しないといけない!というような条件もないようですし、気軽に申し込めると思います!

今日もありがとうございました!!今回は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました