英語学習が続かない方へ やる気を上げる方法をお教えします。

英語勉強法 モチベーションを維持するにはどうすればいいのか 英語勉強法

皆さんはどうやって勉強のモチベーションを維持していますか?

友達の存在なのか、方法なのか、それとも将来のキャリアのためか。人それぞれですよね。
明確なゴールがあることが一番簡単ですが、語学に至ってはそうもいかない…。

確かにTOEICや英検のような試験もあります。しかし、これからのキャリアでそのスキルを使うとなると、取得してスタートライン。
個人的に語学の勉強は、モチベーションの維持が難しいものだと思っています。

理由は2つあると思っていて、”自分の成長を測ることが難しい”のと”終わりがない”からです

モチベーションとは何なのかに少し触れてから、本題である語学勉強におけるモチベーションの維持の仕方についてお話していけたらと思います。

 モチベーションとは?

モチベーションには大きく分けて2つあります。
内発的モチベーション」「外発的モチベーション」です。

・内発的モチベーションとは?

簡単に言うと自分の内部からくる好奇心などが行動の原動力になるもので、趣味などをイメージしていただけるとわかりやすいと思います。

・外発的モチベーションとは?

一方で、外発的モチベーションとは外部からもたらされる動機づけです。
怒られるかも知れないから、宿題をやらないと!と嫌々机に向かった経験はありませんか?笑

監視や義務から生まれるモチベーションが外発的モチベーションと言われます。

モチベーションを受ける方法は大きく異なりますが、共に目標があることが共通して言えると思います。

冒頭でもお話した通り、語学の勉強には終わりがない。だからモチベーションの維持が大変なんですね…。

 どうやって維持したらいいのか?

小さな目標を常に自分の中に作り続ける。それが私の行き着いた答えです。

クリアすることで内部的なモチベーションが刺激され、次も頑張るという原動力を生んでくれます。
また、簡単な目標のため達成しやすいですよね。これが行動の持続のしやすさに繋がります。

また目標をクリアするために勉強の方法を工夫していきますよね。
小さな目標を作り突破することを続けることで、持続的に勉強が可能になり、学習効率も上がっていきます。

では具体的に私が実践している方法を例にとって、どのようにモチベーションを維持しているのかをご紹介していきます。

 テストを受けてみましょう!

テストを受けることで、自分の能力が可視化できます。
私もそうですが、成長が目に見えなかったり、目的がないと集中を持続するのは難しいですよね。

繰り返しになりますが、語学は成長が目に見えてわかりにくい分、成長が目に見えて実感できるテストはモチベーションに繋がると思います。

但し、テスト対策があるように試験に向けた対策もたくさんあります。
テスト対策をやればやっただけ点数は伸びていきます。必ずしも正確な能力を測れる訳ではないので注意しましょうね!

 目標を自分で設定しよう!

目標を自分で設定することもモチベーションの維持に繋がると思います。単語を例に挙げていきます。

単語を覚えることは目に見えて成長がわかりますよね。
今日わからなかった単語が覚えることで明日わかるようになる。シンプルなようですが、これって動機づけにすごく大事なことだと思います。

例えば、リスニングをしてるとしましょう。
今日は気分が乗ってるからよくわかる。けど、明日気分が乗らなかったどうでしょう?

時間を積み重ねているはずなのに、気分次第で明日の方が出来が悪いかも知れません。
英語を話している人によって、聞き取りやすかったり聞き取りにくかったりすることもあります。

つまりリスニングは成長が実感として感じられにくいんですよね。一方、単語は確実な進歩を感じられますよね。

なので、勉強することが習慣化するまで目標設定のしやすい学習方法を取り入れることをおすすめします。
単語力が上がってくるとリスニング力も上がってきますし、何を勉強するか選別することも大切になってくるのではないかと思います。

 海外の友達を作ろう!

今のご時世日本にいながら海外の友達を作ることが難しいかも知れません。
ただ、客観的に能力を見てもらう意味でも英語で会話できる友達がいると成長を実感できるかもしれません。

先ほどのリスニングの話でも共通して言えるんですが調子がいい日と悪い日ってありませんか?
今日なんだかわからないけど、すごく集中できている!という日。

長い間勉強をやっていかないといけないとなると日によって調子にバラつきがあるのは仕方のないことだと思います。

だからこそ、客観的な意見って大事だったりするんですよね。
調子にバラつきがあると、自分自身ではどうしても成長の実感として感じにくい。

しかし、友達に褒めてもらえたらどうでしょう?
成長しているな。って感覚として感じることが出来ますよね。成長を感じることは小さな成功体験です。

小さな成功体験を手にして、モチベーションを維持する。これも有効性があると思います。とは言っても海外の友達を作ることって簡単なことじゃないですよね。

コストはかかってしまいますが、英会話を始めてみることも1つモチベーションを持続するために活用できるのではないかと思います。

もし気になった方がいらっしゃいましたら、記事をご覧になって下さいね。ちなみに私もオンラインの英会話を続けています。

オンライン英会話体験談 → レアジョブ編はこちらから!QQEnglish編はこちらからとなります!

 まとめ

どうでしたでしょうか?モチベーションを維持するのって難しいですが、実際私の実践している方法を3つ挙げてみました。

また私はTwitterをモチベーション維持のために使っています。
同じ目的ではなくても、志の高い人が近くにいることは、本当に刺激になります。

また、何かに一生懸命取り組んでいる友達にはさりげなく褒めるようにしています。
人間って、結局褒められたら嬉しい生き物ですよね。笑

気づいてあげて褒めて、褒められて…。いい循環がそこに生まれてお互いやる気になって好循環が続く。友達の成長は自分にも刺激になる…。

まだフィクションですが、いつかこんな関係が築けたらいいな。と思っています。
ただ、褒められ慣れていないので、皮肉と受け取ってしまうかも知れませんね。笑

今回は、モチベーションをコントロールしながら、効果的に勉強を行っていきましょう!ということをテーマに記事にさせていただきました。

1人でも参考になったよ!っていう方がいてくれたら、嬉しいです。今日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました