英会話を最短で上達する勉強法!初心者、社会人必見おすすめの方法とは

社会人必見 英語勉強法

コロナの影響もあり、将来についてもう一度考え直された方も多いのではないでしょうか?私自身もその例にもれず、チャンスと捉えて日々の積み重ねをコツコツ頑張っています。

しかし実際には頭で思っていても、社会人として仕事をしていると忙しくて考えと行動が一致しないなんていうこともあると思います。だからこそ正しいプロセスに沿ってなるべく無駄な時間をかけず、学習も進めていきたいものです。

そこで今日は、私自身が紆余曲折しながら学んだ英会話術について”忙しい方でも学べる英会話”をテーマに記事を書いていこうと思います。是非参考にしてみて下さいね。

最初に始めるべき優先事項はこれだ!

私は、4年前英語学習を始めた時にこんなことを考えてました。
「英語学習って一言で言ってもスピーキング、リスニング、単語、文法、発音などなど…。やることが多すぎて何から始めていいのかわからない。」何が優先で何が必要なのかそれすらもわからず無駄な勉強に時間を費やしてしまったものです。

時間を無駄にしてしまったことは後悔していますが、だからこそみなさんに自信を持ってお伝えできるようになりました。結論から言うと”まずは文法から始めましょう。”ということです。文法って面倒ですし、退屈だから後回しにしたくなる気持ちもわかります。私自身もそうでした。

何も難しい難関大学で必要となる知識まで必要という訳ではないんです。基礎の基礎はやっておきましょう!ということです。基礎ならば忙しいみなさんでも1ヶ月もあればマスターできますよ。文法をやるのとやらないのとでは長い目で見ると歴然の差が出てきます。

文法の大切さを身を持って体験してきた私だからこそ声を大にして言いたい「文法は大事!!」です。

文法を学ぶのに最適な教材はこれだ!

今考えてみるとなんて無謀なことをしたのかとぞっとしてしまいます。英語力0の状態で文化の違う異国で、言葉も伝わらない土地で、生活をスタートさせるという。何とか生きるための英語を学ぶために最善の策を探したものです。最初は何を勉強してもだめでした。しかし極限の状態に近い経験をしたからこそ生きるために何が必要か。本能的に答えに行き着いたのかも知れません。「言ってることが理解出来なくても、自分の意見を言えるようにならないといけない。」

そのため、まず文法の勉強に取りかかることにしました。今振り返っても思うのが、これが正しい判断だったということです。後々理解をしていくんですが、文法って全てに通じるんですね。私は”話すため”に文法を勉強しましたが”聞くため”にも文法の学習は活きてきます。幸いにも日本語の文法書を数冊持って行っていたのですぐに始めることにしました。

こちらの教材には本当に助けてもらいました。残りのやつがいわゆる総合英語と言われている教材で初心者には難しい作りになっていました。英語力0の私でも理解できる内容になっていましたので、安心して文法の学習を始められると思います!

次に英会話を始めてしまいましょう!

私自身も多くの英語の知識がないからこそ、英語を話す際にルールに縛られないアドバンテージをすごく受けてきた一人です。今になって文法も深く勉強を進めているのですが、学習初期に知らなくていい表現や文法がたくさんあるんですね。今だからこそ、それらは英語の知識である。と線引きをして考えていますが、話し始めないことにはその線引きすらもわからないと思います。

だからこそ、基礎が出来たら英会話を始めてみましょう!とおすすめをしたいんです。忙しい社会人だからこそ最短距離をとりたいじゃないですか。仮に、最初に文法の勉強を完璧にしてしまうと無駄勉強に大切な時間が使われてしまうことになりますからね。やってみてわかりましたが、実際に使わない表現だけど、入試には出る。みたいな表現って多いんです…。

なので、後々に「文法の勉強が必要であれば後から勉強すればいいや!」ぐらいの軽い気持ちでいて下さい。英会話を始めることで英語とは何か。という大きな柱を理解できると思います。理解できたら多少の軌道修正は楽ちん!英語の情報を少しずつ足していく作業をしていきましょう。


文法の勉強を進めすぎてしまうとこんな弊害も出てきてしまいます。

知識が深まり過ぎているあまり、文法の正しさ意識しすぎてしまう。そんな状況に陥ったりしてしまうのですね。会話はよどみなく流れていますから、考えていたら次の話に進んでしまいます。そのため会話に必要なのが何でもいいから、発すること。話し始めてみたら案外理解してくれるもんです。難しいルールに縛られてはだめですよ。

イメージしてみて下さい。誰だって最初は話すことができないんです。理解をしてくれますし”まずは何でも声に出してみて英語で表現すること”が大切です。

何も話さない英語上級者より話せる英語初心者の方が、場により溶け込めたりするんですね。話せなくても自信を持って大きな声で話すこと。実は発音より大切な英語のスキルだったりするんです。

英語学習に慣れて来たら

最初の数ヶ月継続して英会話をすることで劇的に成長を感じると思います。そして成長がある時を境に止まり始めると思います。そうしたら次の段階へと移っていきましょう!単語量が足りないと感じたら単語帳を買って覚えてみたり、リスニングを伸ばしたいのであればドラマ、映画を観るなど。それぞれ個々に足りない部分を伸ばしていく段階になります。

多くの人がこの時点で既に足りない部分、伸ばしたい部分に気づいているはずです。そしてこの問題にも気づくことになるでしょう。「英語学習には終わりがない…。」そうなんです。気づかれると思います。やってもやっても課題がってね。これが英語ってやつなんですよ。

なので、特に時間のない方に対しては、予めゴールはどこなのか明確にしておくことをおすすめします。メールでやり取りできるまで、取引先と英語で取引できるようになるまで…などなど。

私自身はもう英語学習から生涯逃れられないと覚悟しています。気が付いたら英語の深い世界に入り込んでしまったみたいです。OMG…。

英会話を始めてしまうメリットは他にもありますよ!

みなさんは日本語を覚えた時どうやって話せるようになりましたか?義務教育の成果でしょうか?

と、回りくどいことは置いておいて、語学を学ぶために必要なのは”聞くこと”とにかくそれに尽きると思います。そしてよく真似をする。小さいお子さんをイメージして頂けたら理解しやすいと思います。何でも大人の言ってることを真似しませんか?いい言葉から悪い言葉まで…。

その時に言葉の意味をまで理解をして真似している訳ではないですよね。いい例に、悪い言葉ですら真似しちゃう訳ですから…。しかし、そのアウトプットの積み重ねは大切で、コツコツと言葉を吸収していきます。文法も同じですよ。日本人でさえ理論的に日本語のことを教えられる先生が少ないように、感覚で覚えていくものです。

実際に、私は今年の2月よりオンライン英会話を始めたんですが先生に話を聞くと最初の「How are you?」の返事にも困る生徒がいるとか。でもそれは私的に正しいプロセスを進んでいると思います。私も「数年前はそうだったな。」と思うようにみなさんも「数年前はそうだったな。」と振り返る日がやってくるはずです。その程度からスタートでいいんです。英会話はもっと準備してから!なんて高くハードルを設定しないで考えてる時間があるなら始めてしまいましょう!!

オンライン英会話を考えてる方はこちら!!

会員数90万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」

今回のまとめ

ざっくりとではありますが、どのようにしたら最短ルートをとって英語学習ができるのか。個人的な経験を元にまとめてみました。

今回お話をしてきた通り、基礎の文法から!そして英会話を始めてみる!数か月後気づいた短所を伸ばしていく!との順序を踏んで頂けたら、限りなく時間を短縮できるのではないかと思います。正しい順序を理解することで、私みたいに上級者で必要な知識を初心者の段階で付けてしまい、混乱してしまうなんていう困った状況を避けることができますし、最初に時間を使い、基礎を作ってそこに肉付けをしていく方が結果として早く言語を習得できると思っています。

実は、思い出したくないぐらいの多くのタイムロスを経験して今に至ります。現在の時点で4年勉強していますが、正しいプロセスを学んでいたらどれだけ時間が節約できたのか…。そんな傷心的な気持ちになってしまうことも多々あるんですね。だからこそみなさんには同じ思いとして欲しくないので今回の記事がしてみました。

少しはお役に立てましたでしょうか?完全にこの方法に沿わなくても、せめて順序を追って英語学習を進める大切さは頭の片隅にでも入れておいて頂けると嬉しいです。今回は以上になります。今日も読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました