日本でもついに!濃厚接触者通知アプリCOCOAリリース始まる!

ここあ Good News

厚生労働省は本日6月19日より、濃厚接触者通知アプリCOCOA(Google Appleによる共同開発)が配信された。COCOAとはContact Confirming Applicationの略称であり、利用に同意しアプリをインストールすることで利用できる仕組みだ。

近接通信機能(Blue Tooth)を利用して連絡先等の個人情報が特定される心配もない。陽性者と1m以内に15分以上接触された場合に通知される。これにより、PCR検査にスムーズに移れる他、集計されたデータを元に次に起きるアウトブレイクのエリアを予測することなどが期待される。

日本での導入は本日より始まったが、コロナ先進国(コロナに対して積極的に対策を行っている国を私が勝手にそう呼ばせてもらっている)では2ヶ月ほど前からリリースがされており、ここではオーストラリアとイギリス取り組みをお伝えしていけたらと思っている。

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

COCOA – 新型コロナウイルス接触確認アプリ

Ministry of Health, Labour and Welfare – Japan無料posted withアプリーチ

オーストラリアでの動き

おーす

言わずと知れたコロナ先進国であり、初期の厳しい対策によりコロナの封じ込めに成功している。4月中旬の時点で通知アプリのニュースが大々的に見出しになり、このことからもオーストラリアの積極的な姿勢が受け取れる。

まずお伝えしたいのは

オーストラリアやイギリスでは小さいグループからGoogle Appleの様な大企業まで開発に乗り出しており、Beat Covid-19 now というアプリではITの専門家がボランティアで開発を手伝っていたり、いつもは重力波の研究を行っているチームが機材の貸し出しを行うなどプロジェクトのために!

と協力する動きがあったそうだ。このアプリではスーパーコンピューターが追跡のデータ収集に使われており、私が先ほど確認したときは3万人を超える人たちが現在利用中となっていた。

効果をあげるためには

国民の40%のサインアップが必要とされており(日本の発表では60%)専門家はアプリ自体は高性能だが、十分に感染者を抑えられるほどの利用者には達していないと警鐘を鳴らしている。ここで得た情報は世界中の専門家たちが利用可能でコロナウイルスのテストキットを試す人員を確保するなどの役割も持っている。

ワクチンの開発が進められている中、幸運なことに施策により各国がウイルスの封じ込めに成功している。ワクチン作成のために必要な試験者(陽性者)が足りておらず、専門家の間ではあえてウイルスにさらし、人為的に移したうえで実験をする可能性もある。と述べたものもいる。そうした予防策としてもデータが活用されることに期待したい。

イギリスでの動き

イギリスでの死者数は4万人を超えており、アメリカ、ブラジルに次ぐ3番目に位置している。コロナの統計を行っているJohns Hopkins Universityによると死亡率は14%に登っており世界で見ても高い数値を記録している。ちなみに日本は5%前後(6月19日時点)

当初イギリスは独自でのシステムの開発に力を注いでおり、Google Appleが共同で行っている日本同様のアプリの導入を見送っていた。しかし、このシステムにはAppleが関わっており、テクニカルトラブルでリリースが遅れていた。

またApple側からの正式な情報を受け取れなかったことによって、独自のシステムを諦め、Google Appleが共同で行っている日本同様のアプリの導入への方向転換を決めた。導入は夏以降を予定している。

各国での動き

スウェーデン、イタリア、ドイツなど欧州の国では軒並みGoogle Appleの共同開発したアプリを使用しているそうだ。中国では早くから独自の追跡アプリが使用されており、ルールを違反した者には地元警察も情報を閲覧できる。個人「情報、現在位置、オンラインの決済の履歴が見れるなど」

まとめ

誰もが正確な答えと知らない中、コロナに関して興味深いところがたくさんある。数年後答え合わせのように正解だったのか見えてくるだろう。

どんな対策がベストで、またアジアでの死亡率と欧州での死亡率の違いがどこにあるのか。経済を守りながらコロナ対策をしていくのも一つの手だと言えるし、経済を止めてまで強硬な対策に乗り出すもの一つの手と言える。

また原因は慣習であるのか、それともこれまで多くの伝染病を経験してきたが故の免疫にあるのか。まだまだわからないことだらけである。

ちなみにコロナに関連した記事を書いてみました。→アジア諸国で家庭内暴力増加!それに付随する大きな問題とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました